旅行くらぶ
飛行場へのアクセス方法

image

飛行機を利用した旅行の場合、自力で飛行場まで行かなければなりません。海外に行く場合や長期の旅では荷物も大変多く、とても大変な思いをした経験のある方も多いでしょう。
多くの飛行場には駐車場が整備されている為、マイカーをお持ちの方は自宅から自動車で行くと、荷物の問題も解決します。その他にもバスやタクシーといった交通機関を利用する事も出来ます。大抵の飛行場にはバスが発着していますから、前もってバスの便を調べておくと便利です。ターミナルが多い場合には、空港内を移動するバスが出ている事も多いです。国内線と国際線乗り場を繋ぐバスを運行している事も多いですし、海外にはモノレールで各ターミナルを繋いでいる飛行場もあります。こういった飛行場のサービスを利用すると便利ですし、費用も最小限に抑えられる場合が多いです。
アクセスの良い空港の場合には地下鉄が通っている事もあります。市街地から地下鉄に乗れば空港まで数十分で到着できる所もありますので、飛行場周辺の交通機関をしっかりと調べると良いです。飛行場のホームページなどを見ると、アクセスが記載している事が多いですから、そういった所を参考にするとスムーズに計画が立てられます。

飛行機に乗り遅れたら

image

飛行機に乗り遅れた経験をお持ちの方もいらっしゃると思います。空港に行く途中で道を間違えてしまったり、渋滞に巻き込まれてしまったりと理由は様々です。
乗り遅れてしまった場合、その航空券は無効になってしまいます。しかし、払い戻しが可能な場合もありますから、空港のカウンターで聞いてみると良いでしょう。その場合、払い戻し手数料が発生しますが、無駄にするよりは良いでしょう。しかし、プランによっては払い戻し不可の場合もあります。限定の航空券であったり、払い戻し不可やキャンセル不可の割引プランなどを利用していると料金は戻ってきません。
どうしても乗り遅れそうな場合は早めに予約案内センターに連絡し、変更もしくはキャンセルをするようにすると良いです。多少、追加料金が発生しても次の便に乗せてくれる場合もありますし、離陸前でしたらキャンセルを受け付けてくれる場合もあります。
しかしながら、旅行の期間は限られており、飛行機に乗り遅れるという事はかなりの時間ロスが発生してしまいます。場合によっては1日から2日を無駄にする事にも繋がりますし、予約が多い時期ですと1週間以上待ちぼうけをくらう事も考えなくてはなりません。海外旅行の場合ですと大変な事になります。ですから、飛行機に乗り遅れない為にも早め早めの行動を心がけ、空港のカウンターで焦らないようにするのが一番です。